2014-0514

兵士名:記載なし

特記事項:ワシントン州在住の米国人が、祖父の他界後に譲り受けられる。祖父は米海軍の兵曹長で、沖縄で滑走路や浚渫工事などの任務に配属されていた1945年9月に那覇から近い場所で「寄せ書き日の丸」を見つけたという。 叔父さんからの聞き伝えでは、当時仲間と洞窟の中へ入った時に戦死した日本兵の遺体から持ち去ったらしいが、実際に当人が戦争体験については殆ど語られなかったので、真意は不明。この日章旗を譲り受けられた米国人は、ご遺族への返還を希望され、South Puget Sound Community College の講師、鈴木亜希氏を通して OBON 2015 へ託される。 兵士名の記載はないものの、どのような情報でもお心当たりのある方は、是非ご連絡ください。







                         戻る


一般社団法人OBON SOCIETY は、ボランティア活動としてご寄付により運営しており、100% 返還に関わる活動に費用は頂いておりません。詳細につきましては、こちらをクリックしてください。